第二回郷土史講演会

江戸歌舞伎と龍ケ崎~団十郎・国太郎と伊賀屋~

砂町の医王院の擬宝珠(ぎぼし)には、後に九代目市川団十郎を襲名した若太夫長十郎とその養父である河原崎権之助の名が刻まれています。はたして史上名高い歌舞伎役者と龍ケ崎との間には、どのような関係があったのでしょうか?

 

【日時】9月28日(日)13:30~15:00

【会場】龍ケ崎市歴史民俗資料館多目的室

【講師】鈴木久先生(郷土史研究家)

【定員】先着予約40名

【参加費】無料

 

 ※予約受け付けは締め切らせていただきました。