多目的室利用者のみなさまへ

茨城県の新型コロナウィルス感染症緩和に伴い、6月9日(火)から多目的室の利用を再開いたします。

なお、新型コロナウィルス感染症対策は引き続き必要ですので、「三つの密」を避けるなど、利用の際はご留意ください。

 

次の事項に該当する場合は来館をお控えください

▼体調がよくない場合(平熱を超える発熱、咳、のどの痛みなどの症状がある場合)

※検温してからご来館下さい。

▼同居家族や身近な知人などに感染が疑われる方がいる場合

▼過去14日以内に海外から帰国した場合

 

注意事項及び利用の一部制限

▼利用の際は、手洗いを行うとともに、飛沫感染防止のため必ずマスクを着用してください。

▼利用者間の間隔はできるだけ2m(最低1m)を確保し、密集を避けてください。

また、会話をする際は可能な限り真正面を避けてください。

▼窓については、気温や周辺への騒音を考慮しながら、原則開放してご利用ください。また、換気扇を活用するとともに、冷房中でも定期的(30分に1回)に換気を行ってください。

▼利用される方は「新型コロナウィルス感染症対策チェックシート」と「施設利用申請書」を記入し、提出してください。施設貸出の案内をクリックすると様式がダウンロード

できます。

▼長時間の滞在を防ぐため、利用時間は2時間までとさせていただきます。

(延長は承りかねます。)

▼飲食はご遠慮ください。(ただし、水分補給の場合を除きます。)

▼ごみは全てお持ち帰りでお願いします。

▼利用後は、お早めに退館してください。

 

◆◆次の活動でのご利用はできません

 

◆人との間隔が確保できない活動 例:多人数(およそ20名を超える)会議など

◆マスクが着用できない活動   例:手話講座など

◆物品の共有・共用を伴う活動  例:体験教室など

◆大声で発声のある活動

 

※利用の一部制限については、今後の状況に応じて見直しを行います。