令和5年度 第3回歴史講座

「俺流に読む常陸風土記Ⅲ -筑波郡と信太郡-」

R5 第3回歴史講座チラシ
俺流 常陸国風土記3チラシ.pdf
PDFファイル 517.1 KB

「常陸国風土記」は、奈良時代に国司が古老から聴取した地方の文化・風土や地勢などを郡ごとにまとめたものです。今回は筑波郡の「富士筑波伝説」をはじめ、信太郡の東海道常陸路の入口にあたる「榎浦の津」などを「美麻貴(崇神)天皇の時代、東国の荒ぶる賊を討たん」の一節をもとに、俺流に読み解く常陸風土記をお話しいただきます。

【日 時】8月26日() 13:30~15:00

【会 場】龍ケ崎市歴史民俗資料館 多目的室

【講 師】須藤  研  先生

     (東京大学生産技術研究所 名誉教授)

【受講料】無料

【募集人員】30名(定員になり次第締め切り)

【申込方法】8月11日(金)10:00から電話

      または、資料館窓口で受付

 

【お申込み】龍ケ崎市歴史民俗資料館

      龍ケ崎市馴馬町2488 

      電話0297-64-6227